サ チン カイナル

Web Designer

Blogger

Freelancer

Android Developer

0

No products in the cart.

サ チン カイナル

Web Designer

Blogger

Freelancer

Android Developer

Blog
October 23, 2021 Activityのライフサイクルについて

Androidのライフサイクルについてまとめたもの今回はActivityのライフサイクルについてのみ ライフサイクルとは Andoridは画面遷移やバックグラウンドへの移動、アプリキルなどの様々な動作により、Activityの生成と消滅を繰り返している。このような1つ1つのActivityが生成されてから破棄されるまでの工程をライフサイクルという。 ライフサイクルのコールバック Activityのライフサイクルの各段階を移動するために、Activityクラスから提供されているコールバックが6つある onCreate() onStart() onResume() onPause() onStop() onRestart() onDestroy() 各コールバックは呼ばれるタイミングが異なり、適切な処理も異なる。適切な処理をすれば、次のような状況を回避することもできる。 別アプリに切り替えたらクラッシュする 使用していない時にバックグラウンドでリソースを消費する 別アプリから戻ったらユーザの入力が消える 画面回転によってクラッシュしたり、ユーザの入力が消える つまりライフサイクルに沿って開発をすることにより、アプリ動作を安定させることができるようになる。 ライフサイクル図 Activityのライフサイクルの各段階を遷移する様子を表した図。こちらのサイトを参照。

April 28, 2020 Android はじめてのFragment

この記事はとある勉強会で身内のために作成したもので、Fragmentをまだあまり使ったことの無い方が、どうしてFragmentを使うのかと、どこから始めればいいのかをまとめたものになります。 Fragment(フラグメント)とは? Fragmentとは、簡単にいうと、コンテンツとライフサイクルを持ったビューです。プログラミングでいうライフサイクルとは、インスタンスが作成されてから、それが捨てられるまでの一連の流れのことをいいます。Androidでは、例としてActivity(アクティビティ)だとインスタンスが作成される際にonCreateメソッドが呼ばれ、破棄される際にonDestroyメソッドが呼ばれ、他にも画面の状態によって、onResume・onStart・onPause・onStopなどのメソッドが呼ばれます。このように、ライフサイクルに応じて呼び出されるメソッドを持っている場合にライフサイクルを持っていると表現します。そして、Fragmentもアクティビティに非常に近いライフサイクルを持っています。 アクティビティなどとの違い では、実際にアクティビティやカスタムビューとはどう違うのか? まずは、それぞれの特徴を整理してみましょう。まず、アクティビティとFragmentとの一番の違いはFragmentは親子関係を持てるという点です。Fragmentは、Fragmentの中に更にFragmentを持つことができます。また、ActivityとFragment別々なものなので、Fragmentは複数の画面で使い回すことができます。次に、カスタムビューとの違いは、よりActivityにそったライフサイクルイベントを持っているという点です。ビューもライフサイクルを持っていますが、ActivityやFragmentのように細かなイベントは持っていません。 これらの特徴からFragmentの立ち位置を整理すると、以下のようになります

April 28, 2020 A Song And Dance Act

Ex audire suavitate has, ei quodsi tacimates sapientem sed, pri zril ubique ut. Te cule tation munere noluisse. Enim torquatos…

April 28, 2020 Music Player Design

Ex audire suavitate has, ei quodsi tacimates sapientem sed, pri zril ubique ut. Te cule tation munere noluisse. Enim torquatos…