サ チン カイナル

Web Designer

Blogger

Freelancer

Android Developer

0

No products in the cart.

サ チン カイナル

Web Designer

Blogger

Freelancer

Android Developer

Uncategorized

October 23, 2021 Activityのライフサイクルについて

Androidのライフサイクルについてまとめたもの今回はActivityのライフサイクルについてのみ ライフサイクルとは Andoridは画面遷移やバックグラウンドへの移動、アプリキルなどの様々な動作により、Activityの生成と消滅を繰り返している。このような1つ1つのActivityが生成されてから破棄されるまでの工程をライフサイクルという。 ライフサイクルのコールバック Activityのライフサイクルの各段階を移動するために、Activityクラスから提供されているコールバックが6つある onCreate() onStart() onResume() onPause() onStop() onRestart() onDestroy() 各コールバックは呼ばれるタイミングが異なり、適切な処理も異なる。適切な処理をすれば、次のような状況を回避することもできる。 別アプリに切り替えたらクラッシュする 使用していない時にバックグラウンドでリソースを消費する 別アプリから戻ったらユーザの入力が消える 画面回転によってクラッシュしたり、ユーザの入力が消える つまりライフサイクルに沿って開発をすることにより、アプリ動作を安定させることができるようになる。 ライフサイクル図 Activityのライフサイクルの各段階を遷移する様子を表した図。こちらのサイトを参照。